2013年

5月

07日

信州旅行

 

GWは信州へ。

松本は友人が住んでいて何度も訪れているため、すっかりお馴染みの街。

でも行けば行くほど新たな発見があって面白い。

最近は東京から松本に移り住む人が多いけど、なるほどわかるなぁ、と思う。

レトロな街並、遠くに見える山、お菓子のパッケージ、民芸調の喫茶店、雰囲気のあるギャラリー…。

魅力を語り出すときりがない。

5月末にはクラフトフェアがあるので、「工芸の五月」と題して

街中のギャラリーがクラフト一色になり、街を盛り上げていて、

ギャラリーマップ片手に歩いてる人も多かった。

今回は子供もまだ小さいので、そんなにギャラリーはまわれなかったけど、

何度来てもまたゆっくり来たいと思わせてくれる、そんな街。

 

遠くに見える山並みがとてもきれい。

 

今回は友人が家を建てたということでお邪魔することに。

濃紺の外壁のおうちは、何とログハウス。

木のぬくもりたっぷりで暖かく、とても居心地のいいおうちにうっとり。

特に子供部屋はうらやましい限り。娘も大はしゃぎ。

吹抜けから続く2階の書斎スペースにはハンモックが下がっていて、

こういうところで本を読んだり絵を描いたりしたら、

きっと毎日楽しいだろうなぁ、想像力が膨らみそうだなぁ、と思ってしまった。

 

 

そんなおうちにお邪魔しながら、アルプスあずみの公園でバーベキューしたり、

お蕎麦を食べたり、美ヶ原牧場や霧ヶ峰高原へ行ったり。

濃厚な牛乳も美味しかった。

山の上はまだ気温も低く、残念ながら牛には会えず。

そのかわり、山羊がいて、興味深そうに近寄る我が娘。

空にはグライダーが飛んでいた。

お天気にも恵まれ、とても気持ちのいいGWを大満喫。

今度はぜひ夏に来たい。